空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ヒロsan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

八方尾根~唐松岳 (その4)

 この度の御嶽山の噴火には大変衝撃を受けました。
ロープウェイやマイカーを使い、短時間で山頂まで行けるコースは
まさに私のフィールドです。
紅葉の季節という事もあり、ご家族や仲間との
心休まる一時を襲った惨事に言葉もありません。
未だ山頂付近には、多数の心肺停止状態の方が取り残されているとの事。
一刻も早くご家族の元へ戻れるよう祈るとともに、
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

 このような時に登山のレポートで大変恐縮ですが、
引続き更新させていただきます。


 【 8月7日】
 歩き出しから2時間半、
丸山ケルンの手前にある雪渓に到着しました
地図を見ると ‘屑雪渓’ って所があるから
我々がいるのはそこだと思います。

真夏だというのに 思いもよらぬ雪遊びで疲れもリセット!
丸山ケルンも、もう目の前です

H26.八方尾根(4)-7
アルバムはこちら 【海とか山とか・・・】

ここでは雪渓をトラバースする訳じゃないから
来た道をちょっとだけ戻ります

H26.八方尾根(4)-1

分岐路を ‘唐松岳方面’ へ

H26.八方尾根(4)-2

周囲は今まで同様 ‘樹林帯’
グランドは土が多いので雨の日は滑りそう

H26.八方尾根(4)-3

雪渓の上に出ました

上から見ると綺麗な斜面ですね~
スキーができるよ

H26.八方尾根(4)-4

写真の辺りが雪渓で遊んだ所です
(雪の上と岩場に人が数人いるのが分かるかな?)

雪渓左側の 樹木がコンモリした中を歩いてきたんですね~
山の中に入っちゃうとよく分からないけど、遠くから全体を見るとちょっと感動

H26.八方尾根(4)-5

今度は ‘低木帯’ です

H26.八方尾根(4)-6

前方の山頂に ‘塔のような物’ が見えます
きっと、あれが ‘丸山ケルン’
やっと目的地が見えました

H26.八方尾根(4)-8

急に張り切りだしたカズさん
足取りも軽くどんどん登っていきます

H26.八方尾根(4)-9

ここにも雪渓がありました

くぼ地に溜まった雪・・・
「これが溶けて池になったら」 と想像するのも楽しいです

H26.八方尾根(4)-10

あれ! カズさんに追いついた
っていうか・・・ この顔はピンチじゃないかな?
ケルンまでの目測を誤ってバテたな・・・

H26.八方尾根(4)-11

完全に付いて来れない

H26.八方尾根(4)-12

しかも、ここからは ‘ガレ場の登り’

ここで、タクさんには自分のペースで登ってもらって
俺はカズさんと一緒に行くことにしました

H26.八方尾根(4)-13

H26.八方尾根(4)-14

足元を確認しながら、ゆっくりゆっくり登ってきます

そういえば、今回は 予定のタイムより1時間も早く歩いています
俺と、部活で鍛えてるタクさんには何ともなくても
小学生のカズさんにはハイペースなはず・・・
よくここまでこのペースで歩いてきたものです

H26.八方尾根(4)-15

前方でタクさんが待っててくれてました

後でタクさんが話すには、
「(この景色を見て)歩きながら、父さんはここの写真を撮るだろうと思ったから待ってた」
・・・よく分かってるじゃん

H26.八方尾根(4)-16

タクさんが最後の登りに差しかかりました

最初にタクさんが登頂
続いて俺が登頂
そうして・・・

H26.八方尾根(4)-19

カズさんが、ガッツポーズで登頂です

H26.八方尾根(4)-18

周囲を見たけど、残念ながら絶景は見えませんでした

H26.八方尾根(4)-21

ここでお弁当タイム

到着時間10時50分
予定では12時に登頂して13時に下山開始のつもりでいました
・・・ここから唐松岳までは約1時間!
「このまま唐松岳山頂を目指そうか」 って話をしたんだけど、

 ・リフトの時間に間に合うには急いで下山するから危ない
 ・天気予報ではそろそろ雨が降ってくる
 ・カズさんが今までのペースで歩けない


等々の事を考えて、この先には行かないことに
お弁当を食べ終わったら、3人共寝心地のいい岩場を見つけて
お昼寝タイムとなりました

H26.八方尾根(4)-17

H26.八方尾根(4)-20

登頂に時間差があったから別々の写真になっちゃったけど
丸山ケルン、そして白馬丸山に登頂です

(高山植物ギャラリー 2)
H26.八方尾根(5)-27 H26.八方尾根(5)-26
H26.八方尾根(5)-29 H26.八方尾根(5)-28
H26.八方尾根(5)-25 H26.八方尾根(5)-34



ランキング参加中です、気に入ってもらえたらポチっとお願いします。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト
テーマ: 登山 -  ジャンル: 趣味・実用
by ヒロsan  at 23:32 |  八方尾根 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

ホント御嶽山大変な事になってしまいましたね。。人事とは思えません。
僕もあの場所に居合わせていたら、すぐ逃げ出していれたかわかりませんもん。

まぁそれにしても雪渓すごいな~綺麗な~壮大な山容ですねい!
やっぱり自然は怖いけど、素晴らしい部分の方が大きいね~。
後、運って大事ですね><ノ
by dari 2014/10/16 14:58  URL [ 編集 ]

dari さま

御嶽山、捜索が来春まで打ち切りになってしまいましたね・・・
まだ7人の方が安否不明のままです。
このまま雪に閉ざされると思うと何ともいえません。

dariさんの仰る通り、自然は怖いけど素晴らしいところも多いです。
日常の生活では味わうことのない感動や体験ができます。

危険に備えながら、これからも野山と付き合っていきましょうね。
by ヒロsan 2014/11/01 23:09  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヒロsan

Author:ヒロsan
“青空を見上げて”へようこそ!

アウトドア大好きな俺と、
思いきり暴れん坊の子ども2人
家族そろって冒険中です!

黒ねこ時計くろック
最新記事
カテゴリ
過去ログ
FC2カウンター
ブックマーク
ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

最新コメント
リンク
QRコード
QR
アルバム
おすすめサイト
レディース登山用品店
arucocoのブログ
くるみの殻を使った小物が満載
くるカラ.ネットのブログ
季節特集
人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。