空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ヒロsan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

八方尾根~唐松岳 (その5)

 夏休みに登った ‘唐松岳’ のレポートも
書き出しから2ヶ月が過ぎてしまいました。
あまりに時間が掛かり過ぎて、いい加減飽きてきました
読んでくださっている皆さまには大変じれったい思いをされていると思います・・・
今回でバッチリ下山するのでお付き合いの程、宜しくお願いします

 【 8月7日】
 3年前に登った時には辿り着けなかった場所!
今回 「あそこまでは行くぞ」 と絶対的な目的地に捉えて臨んだ
‘丸山ケルン’ に到着しました

到着してみれば予定の時間より1時間も早くて、
「このまま唐松岳まで行けるかも?」 とまで考えてしまいます
結局、先に進むのは止めにして1時間のお昼寝タイムに・・・

今回も、歩き出しからガスに覆われて八方尾根からの絶景が見なかったので、
「下山中は景色が見えるといいな~」
なんて期待をしながら山を下りましょう

H26.八方尾根(5)-8
アルバムはこちら 【海とか山とか・・・】

山頂で昼寝をするなんて初めてでしたが、
意外にも 3人共ぐっすり眠り込んでしまいました

毎回の事ながら、車内で数時間の仮眠をしただけで
早朝から歩いてるんだから疲れてるのは当たり前
山頂お昼寝・・・癖になりそうです

H26.八方尾根(5)-1

そんな夢うつつの中、何となく顔にポツリポツリと冷たいものが・・・
ハッとして時計を見ると時間は12時!
そう、今日は11時から雨の予報だったのです
(なかなか降り出さないから気を抜いてた

本格的に降りだす前に少しでも下に降りましょう

H26.八方尾根(5)-2

登りの時は気が付かなかったけど、
丸山ケルンのすぐ下に ‘チングルマ’ が沢山咲いていました

H26.八方尾根(5)-3

こちらは ‘綿毛になったチングルマ’
同じ場所で ‘花を付けたもの’ と ‘花の落ちたもの’ の両方が見れました

H26.八方尾根(5)-4

一時パラパラと降りだした雨もあがって非常に快調
昼寝のおかげで体力も回復しているので、ハイペースで降りて行きます

H26.八方尾根(5)-5

あっという間に ‘雪渓’ に着きました

H26.八方尾根(5)-6

ほとんど速足状態

っていうか・・・下り坂が続くから、
ついつい駆け下りそうになるのをグッと堪えて速足でいる感じ

H26.八方尾根(5)-7

視界が開けた
あれ、あの小さな雪渓は見覚えがあるぞ

H26.八方尾根(5)-8

気が付けば ‘八方池’ が見える所まできていました
ここまでの所要時間30分

H26.八方尾根(5)-11

ここで少し休憩して景色でも眺めましょう

H26.八方尾根(5)-9

‘八方池’ と、これから歩いていく稜線がはっきり見える
むき出しになった山の斜面が険しい

H26.八方尾根(5)-10

周りには ‘お花畑’ が広がっています

H26.八方尾根(5)-12

休憩を終えて歩き出します

八方池の所で道が分かれていて、
一方は ‘八方池への下り’ 、もう一方は ‘第3ケルンへの登り’ になっています
行きは八方池に行ったので、今度は ‘第3ケルン’ へ向かいます

H26.八方尾根(5)-13

そんな訳で、あっという間に ‘第3ケルン’ に到着です

2枚上の写真でカズさんが登ってる所は ‘第3ケルン’ のすぐ近くでした

H26.八方尾根(5)-15

八方池が気持ちの中で一つの境になってるみたいで、
ここまで来ると 焦りが無くなって安心してきます
子ども達も同じようで、
歩くスピードや、ちょっとした態度が穏やかな感じに変わってくる

ちょうどここから先が、俺も子どもも安心できる場所みたいです

山頂からの景色を ‘凄い’ と例えるなら、
ここからの景色は ‘心休まる’ って感じでしょうか

H26.八方尾根(5)-14
エントリーNo.1  「天空に浮かぶ小さな頂」          

H26.八方尾根(5)-16
エントリーNo.2  「あの道を越えて」          

上の2枚の写真は 第3ケルン付近から八方池の方向を写したものです
思いつきでタイトルを付けてみました

H26.八方尾根(5)-17

さー、景色も堪能したから歩き出しましょう

H26.八方尾根(5)-18

先の方まで道がはっきりと見えます
景色が見えるとテンションが上がる

H26.八方尾根(5)-19

ここからは人が多いのでゆっくり歩きます
この時間でも登ってくる人が結構いました

H26.八方尾根(5)-24

眼下に広がる ‘白馬’ の街

H26.八方尾根(5)-23

最後のガレ場
石が緩いので、ここだけは慎重に歩を運びます

H26.八方尾根(5)-22

‘八方池山荘’ に到着です

沢山の人が仲間と話し、景色を眺め、それぞれの時間を過ごしていました
我々もすぐにはリフトに乗らないで、
ピンバッジや手ぬぐい等のお土産を購入して、ベンチでゆっくりします

H26.八方尾根(5)-21

恒例となった 「お疲れ様」 のソフトクリーム

タクさんの機嫌が悪いのは、お土産をめぐってカズさんと喧嘩したから
それでもポーズをとってくれるところは素直だなって思う

この後、いよいよ雨が降ってきたので急いでリフトに乗車
リフト2本までは大丈夫だったんだけど、
最後のゴンドラから本降りになってしまいました
詳しくは次の ‘キャンプ編’ のレポート をご期待ください

(高山植物ギャラリー 3)
H26.八方尾根(5)-30 H26.八方尾根(5)-33
H26.八方尾根(5)-34 H26.八方尾根(5)-31
H26.八方尾根(5)-33 H26.八方尾根(5)-32



ランキング参加中です、気に入ってもらえたらポチっとお願いします。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト
テーマ: 登山 -  ジャンル: 趣味・実用
by ヒロsan  at 23:34 |  八方尾根 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

結構な人が登ってらっしゃいますね。
やっぱり最近?は登山ブームなんですね。稜線歩きは気持ちいいですね!
ちょっとガスってて残念でしたね^^;
お疲れ様でした^^
by dari 2014/11/01 01:02  URL [ 編集 ]

dari さま

八方池までは観光地みたいなものなので、観光バスで団体が来たりするんです。
山上まで行かなくても、十分高山からの景色が眺められて素晴らしい所 (^_^)p

ただ・・・ガスが多い i-195
by ヒロsan 2014/11/01 23:35  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヒロsan

Author:ヒロsan
“青空を見上げて”へようこそ!

アウトドア大好きな俺と、
思いきり暴れん坊の子ども2人
家族そろって冒険中です!

黒ねこ時計くろック
最新記事
カテゴリ
過去ログ
FC2カウンター
ブックマーク
ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

最新コメント
リンク
QRコード
QR
アルバム
おすすめサイト
レディース登山用品店
arucocoのブログ
くるみの殻を使った小物が満載
くるカラ.ネットのブログ
季節特集
人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。