空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ヒロsan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

JAXA 相模原キャンパス

 11月22日に長野県北部で震度6弱の地震が発生しました。
41人の負傷者(24日現在) の他、家屋の倒壊、土砂崩れ、
地面の隆起等の被害が出ています。
前回まで記事を書いていた白馬村では被災された方も多く、
ライフラインも停滞しています。
未だ余震が続いていますが、これ以上の被害の無い事、
1日も早い復興支援、ライフラインの復旧を祈ります

 【 9月3日】
 学校も2学期が始まり3日が経ちました
(9月3日のレポートです・・・
昨日から給食も始まり、朝学校に行ってしまえば夕方まで帰ってきません
いかにもこのタイミングを狙っていたかのように
家庭教育学級から 大人だけの移動教室が企画されました

訪れた先は 日本における宇宙科学研究の最先端
宇宙航空研究開発機構 ‘JAXA 相模原キャンパス’ です

H26.JAXA-3
アルバムはこちら 【ちょとした出来事】

    JAXA(ジャクサ) とは
 これまで3つに分かれていた宇宙航空機関 (ISAS・NAL・NASDA)が
2003年に1つに統合されて誕生したのが ‘JAXA’ です。
ロケットや人工衛星の研究開発から、打ち上げと運用、
国際宇宙ステーション(ISS) の日本実験棟 ‘きぼう’ の運用や宇宙飛行士の選抜など、
日本での宇宙科学に関する研究を一手に担う機関です。

    JAXAのHPはこちら JAXA

H26.JAXA-15

 JAXAといえば ‘筑波宇宙センター’ が有名だけど、
今回は帰宅時間の関係で ‘相模原キャンパス’ の見学になりました

有人での宇宙研究をしている ‘筑波’ に対して、
‘相模原’ は、無人探査機による研究がメイン のようで
展示物等は ‘筑波’ の方が充実しているようです

H26.JAXA-16

バスは、大型スーパーや、ホームセンター等の立ち並ぶ
国道16号を走り相模原キャンパスへ向かいます
「宇宙科学研究所」 と書かれた門を抜けると、
そこには鬱蒼と茂った森がありました

門から続く直線道路はおよそ100m
その両側にある緑地帯のおかげで、
緑の少ない門の外とは別世界のように感じます

H26.JAXA-14

相模原キャンパスの正面玄関 ‘研究管理棟’ です

この他にも幾つかの建物があるけど、
見学できるのは、ここの1階(展示室)と屋外キャンパスだけ みたいです
管制棟とか、試験棟とかも見たかったな

H26.JAXA-1

まずはロビーで ‘JAXAの説明’ と ‘日本のこれまでの宇宙事業’ のビデオ観賞
一通り予備知識が備わったところで展示物の見学にいきます

H26.JAXA-2

まっさきに目に入ってきたのが
小惑星探査機 ‘はやぶさ’ の実物大模型

2003年に打ち上げられて、
2010年 「小惑星 イトカワ」 の表面物質を持ち帰ってきました
2012年に公開された 映画「おかえり、はやぶさ」 の ‘はやぶさ’ です

H26.JAXA-4

写真左の提灯のような物は、
ヘリウムガスで上空へ浮かせて観測をする ‘大気球’ の小型模型
飛行機よりも高い所まで上がるそうです

触ったら 今にも破けそうな程薄い素材でした

H26.JAXA-6

ロケットの接合部
詳しい説明は覚えていません・・・

H26.JAXA-5

‘はやぶさ’ が地表に向けて発射したカプセルを
回収した時に着用した 防護服

日本で作られたカプセルでも
宇宙から落とした物だから ‘宇宙からの落下物’
・・・なんか複雑だな~ 

H26.JAXA-7

云わずと知れた NASAの有人宇宙船 ‘スペースシャトル’

2011年に退役するまでに数々のミッションをこなした憧れの宇宙船
俺達の世代は ‘宇宙=スペースシャトル’

障害物を避けながら惑星に向かう
映画「アルマゲドン」の飛行シーンはカッコ良かった

H26.JAXA-8

ロシアの有人宇宙船 ‘ソユーズ’

現在運用されている有人宇宙船はソユーズだけだけど・・・
一般人の俺にはイマイチ地味な存在

H26.JAXA-9

日本も負けていません
人工衛星打ち上げ用ロケット ‘H‐Ⅱ’

H26.JAXA-3

日本製ロケット ‘M-3S’ と ‘イプシロン’ の大型模型も展示してありました

一通り見学を終えたところで案内をしてくれていた職員の方が
 「千葉県の幕張で ‘宇宙博2014’ を開催しています。
 展示物の大半が幕張に行っているので、ここにはこれしかありませんが
 良かったら幕張の方もご覧になってください。」


・・・俺たちは千葉県から来たんですけど

H26.JAXA-18

・・・ちなみに上の写真はHPから拝借した ‘宇宙博2014’ の様子
こっちの方が断然スゲーじゃん

H26.JAXA-12

気を取り直して ‘売店’ へ移動
・・・宇宙食売ってる

H26.JAXA-13

お土産に最適な 小物類も沢山
ロケット型の缶に入ったクッキー なんかも売ってました

H26.JAXA-11

ガチャガチャ(カプセルトイ)も宇宙一色
っていうか・・・JAXAの売店にガチャガチャってのもどうよ

H26.JAXA-10

更にさらに ‘宇宙食の自動販売機’

「自販機で宇宙食の販売はじめました」 って・・・
ここじゃあ普通に身近にある物なの?

H26.JAXA-17

キャンパスには ‘実物大のロケット’ もありました

これまで、国産ロケットの打ち上げはニュースで知っていたけど
それほど興味を持ってはいませんでした
今回の見学をきっかけに、またブログを書く為に
映画「おかえり、はやぶさ」(藤原竜也 主演) のDVDを見てみたら
・・・この相模原キャンパスが舞台になってる~

さっきまで自分がいたロビーも、キャンパスのロケットも映ってるし、
‘はやぶさプロジェクト’ が行われていたのもこの相模原 だった
手に汗にぎる懸命の救出作戦が行われたのも、ここの管制室!
・・・何で見てから行かなかったんだろう
これから相模原キャンパスに行かれる方がいたら、
DVDを見てから行くことをお勧めします

    [おまけ]
 「おかえり、はやぶさ」 を見て
度重なるトラブルに見舞われても
最後まで諦めなかったプロジェクトチームの熱意に感動しました
地球に帰って来た ‘はやぶさ’ が大気圏で燃え尽きるシーンでは目頭が熱く
俺は、辛い時は高い空を見上げるようにしてるけど、
「子ども達が大人になる頃には、空のもっと上 (宇宙)を見上げたりするのかな~」
なんて思ったりしました


ランキング参加中です、気に入ってもらえたらポチっとお願いします。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ  blogram投票ボタン


スポンサーサイト
テーマ: 宇宙・科学・技術 -  ジャンル: 学問・文化・芸術
by ヒロsan  at 22:53 |  研修・移動教室 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヒロsan

Author:ヒロsan
“青空を見上げて”へようこそ!

アウトドア大好きな俺と、
思いきり暴れん坊の子ども2人
家族そろって冒険中です!

黒ねこ時計くろック
最新記事
カテゴリ
過去ログ
FC2カウンター
ブックマーク
ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

最新コメント
リンク
QRコード
QR
アルバム
おすすめサイト
レディース登山用品店
arucocoのブログ
くるみの殻を使った小物が満載
くるカラ.ネットのブログ
季節特集
人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。