空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ヒロsan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

鹿野山九十九谷 (その1)

 【1月7日】
 千葉県の新たな玄関 ‘木更津’ から
南に少し下ったところに ‘鹿野山’ があります

マザー牧場で有名な鹿野山ですが、
実は鹿野山とは ‘春日峰’ ‘熊野峰’ ‘白鳥峰’ という3つの峰の総称で、
‘鹿野山’ という1つの山ではありません

そんな鹿野山の南側には高低差約250mの ‘九十九谷’ という谷があって
グルッと1周歩けるらしいのです
  「谷を下ると湿地帯や谷津田の休耕田があり、
  谷間に広がるのどかな風景が懐かしさを感じさせてくれる場所」
と、
ガイドブックには紹介されています

「こ、これは、是非とも歩いてみたい」
子どもを送り出してから急々と準備をして、しゅっぱ~つ
‘鹿野山九十九谷’ に行ってきちゃいました

H27.九十九谷(1)-3

事前調査で九十九谷をレポートしたブログを見ていくと、
幾つものブログに記載されている、あるキーワードに気がつきました

それは・・・
 ●道はあるけど分岐点に指道標がない
 ●地図とコンパスを見ながら進んだ
 ●道を間違えること数回

さらに・・・
 ●危険
 ●あんなのハイキングコースじゃない

なんて事まで書いてあります・・・

昨年、山の中で迷った時の事を思い出し、
地図と、ルートの写真をまとめた資料を入念に作ります

H27.九十九谷(1)-35
H27.九十九谷(1)-34

これが今回歩いた ‘九十九谷’ の地図

赤丸の ‘九十九谷公園’ からスタートして、
青丸の ‘白鳥神社(白鳥峰)’ ‘神野寺(熊野峰)’ を経由しながら
九十九谷を1周して戻ってきます

標高グラフを見ると分かるように、
最初に約250m下ってから登り返してくるルートになっています

H27.九十九谷(1)-2

そんな訳で 9時半頃、九十九谷公園駐車場に到着しました
広々とした駐車場には1台の車も無く貸切り状態です

H27.九十九谷(1)-1

これは駐車場からの眺望
実は、九十九谷公園は ‘白鳥峰 (鹿野山最高峰)’ の頂上付近にあるのです

H27.九十九谷(1)-4

駐車場から1段下がった ‘九十九谷公園’ には立派なトイレもあります
歩きだしたら ‘神野寺’ までトイレはないので要注意

H27.九十九谷(1)-5

公園を出ると目の前には ‘白鳥神社’
谷を降りる前に ‘白鳥峰’ に登ってしまいましょう

H27.九十九谷(1)-6

白鳥神社は ‘日本武尊’ と、妃の ‘弟橘媛’ を祭神としていて、
縁結びの神として、「夫婦揃って参拝すると幸せになれる」 と言われているそうです

拝殿で谷歩きの安全を祈願したら、裏の山に入っていきます

H27.九十九谷(1)-8

きれいに落ち葉の掃かれた山道を登ること数分、
石を積み上げた塚が見えてきました

H27.九十九谷(1)-7

これは ‘日本武尊を祀った石塚’
一番上の石碑は剣の形をしていて ‘剣塚’ というそうです
(写真の角度が悪くて分からないよね

剣塚のあるこの場所が、鹿野山の最高峰 白鳥峰の頂上(標高379m) です

H27.九十九谷(1)-9

白鳥神社を後にしていよいよ ‘九十九谷’ に向かいます

H27.九十九谷(1)-10

九十九谷の入口にあたる ‘白渓山荘’ は閉鎖されていました

それにしても、この白渓山荘って最高のロケーションに建ってたんですね~
九十九谷の朝の情景と雲海は有名で、
東山魁夷画伯の 「残照」 は九十九谷の眺望を基に描いた作品なんです
閉鎖なんて、もったいない・・・

H27.九十九谷(1)-12

九十九谷に下りる登山道の入り口は、白渓山荘の駐車場脇にありました
指道標には ‘さくらの広場’ の文字が読み取れます

H27.九十九谷(1)-13

お、なんだ~、
意外にきれいな道じゃないか
正月前に掃除をしてくれたのかな

ところで、登山道に入ってほんの数分の所に分岐がありました

H27.九十九谷(1)-14

‘九十九谷’ という指道標が右側の細い道を示しています
・・・地図にも事前調査のブログにも、こんな所で分岐するなんて書いてなかった

●正面の道は広い、右側の道は狭い
●地図は真っすぐ進むようになっている
●入口の指道標は ‘さくらの広場’ だったので、次も ‘さくらの広場’ と書いてあるだろう

そんな理由で 「へ~、この道からも九十九谷に行けるんだ~」 と、
楽観的に考え、迷うことなく真っすぐ進むことを選択
(実はこれが間違いだった

H27.九十九谷(1)-15

落ち葉の絨毯の道を歩いて行きます
登山道もしっかりしていて超余裕

・・・しかし、予定の時間を過ぎても ‘さくらの広場’ には辿り着かず、
軽自動車が走れそうな広い道と交差したりで、どうも様子がおかしい
自分が歩いてる道も、明らかに ‘車が通ります’ って感じになってきて・・・

H27.九十九谷(1)-16

あれ? 舗装道路にでた

思い当たる節といったら、一番最初に出てきた ‘九十九谷’ への分岐点
「やっぱりアッチだったか~」
あの場所からもう30分も歩いてきています
しかも、ずっと下り

また、スタート位置まで登っていかなければなりません
・・・心が折れる・・・

H27.九十九谷(1)-17

下ったときと同じく 30分で戻ってきました
すでに、ふくらはぎはパンパン&息はゼーゼーしちゃってます
ここでしばらく休憩して気持ちを立て直します。

なんてったて、ここはまだ 登山道入り口付近
正直 「帰っちゃおうかな」 って思った

H27.九十九谷(1)-18

息も整ったところで ‘九十九谷’ に向けて再度アタック
こっちの道は 狭くて、真ん中は掘れてへこんでいて とても歩きにくい

H27.九十九谷(1)-19

広くなってる場所や、間違えそうな所には印が付けてありました

H27.九十九谷(1)-20

約10分後 ‘さくらの広場’ に到着

‘さくらの広場’ といっても看板等はありません
歩いてきて広場にでたら自分で判断しないといけないので、
出発前に、色々なブログの写真を見ておいた方がいいと思います

H27.九十九谷(1)-21

指道標に従って先に進みます

H27.九十九谷(1)-22

しかし、進む先はこんなありさま
・・・本当に大丈夫か

H27.九十九谷(1)-23

それなりの道になりました

H27.九十九谷(1)-24

やっぱりここでいいのか?
これは登山道なのか?

H27.九十九谷(1)-25

ちゃんとした道ですね!
大丈夫そうです

H27.九十九谷(1)-26

そんなこんなを何度か繰り返すうちに、木の間から景色が見えてきました
もう随分下まで降りてきたみたいです

H27.九十九谷(1)-27

ここは不安レベルがかなり高かった場所

行く手は深い溝で切り取られてるし、折れた杉の木が散乱してるし・・・
「やっぱりこの道は間違ってるんじゃ?」
地図とコンパスを当ててみると方向はあってる・・・

溝を超えて狭い道を進んでいきます

H27.九十九谷(1)-28

前回迷った経験から、
「来た時と同じ道をたどって戻る事はかなり難しい」 事が分かったので
とりあえず目印になるような物を撮影

今更こんな写真を撮っても遅いし、
迷ったらこの印も見つからないと分かってるんだけど・・・

H27.九十九谷(1)-31

藪を抜けて湿地に出ました

H27.九十九谷(1)-29

その先には舗装道路
‘鹿野沢出合’ です

H27.九十九谷(1)-30

湿地を渡る橋?

H27.九十九谷(1)-32

舗装道路にでて右側を見ると、すぐに行き止まりになっています
でも、これでいいんです

H27.九十九谷(1)-33

舗装の終わりの場所には左側に橋があって、
また登山道に入って行くようになっています

不安だらけの山中から抜け出た事と、ルートが正しかった事で一安心
これからまた山中に入る前に、橋の縁に腰掛けてコーヒータイムです


ランキング参加中です、気に入ってもらえたらポチっとお願いします。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト
テーマ: 山登り -  ジャンル: 趣味・実用
by ヒロsan  at 22:50 |  鹿野山 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

この間行きましたー!

高宕山から石射太郎通って鹿野山まで日帰り縦走したんですが、最後いい加減疲れてきたとこで、やぶっぽくて急坂にロープ張ってあって大変でしたー!

このコース図にない白鳥峰への直登ルートを登りました。
by 目黒駅は品川区 2015/02/06 10:03  URL [ 編集 ]

目黒駅は品川区 さま

こんにちは、コメントありがとうございます。

石射太郎から鹿野山ってことは‘関東ふれあいの道’ですね。
手元の資料を見てみたら・・・結構長いですね~ (^ ^;)
お疲れ様でした。

白鳥峰への直登ルートがあるなんて知りませんでした。
神社とは反対側から登ってくるのでしょうか?
また調べてみますね。
by ヒロsan 2015/02/07 15:56  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヒロsan

Author:ヒロsan
“青空を見上げて”へようこそ!

アウトドア大好きな俺と、
思いきり暴れん坊の子ども2人
家族そろって冒険中です!

黒ねこ時計くろック
最新記事
カテゴリ
過去ログ
FC2カウンター
ブックマーク
ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

最新コメント
リンク
QRコード
QR
アルバム
おすすめサイト
レディース登山用品店
arucocoのブログ
くるみの殻を使った小物が満載
くるカラ.ネットのブログ
季節特集
人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。