空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ヒロsan  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

嵯峨山 (スイセンピーク その2)

 【 2月4日】
 またまた道を間違えて違う方向に進んでしまった俺・・・
どうも俺は、
地図を眺めて 「この方向 (右方向・左方向) に進むんだ
って思い込んでしまうところがあるみたいです

以前 ‘大塚山’ に登った時も、
左側から山肌を巻いて右に進むところを
いきなり右側に進んで迷った事がありました
‘九十九谷’ では右に曲がるところを真っすぐ進んだな~
今回は、本来の分岐点より手前で右に曲がってしまった・・・

そもそも手持ちの地図に、
‘ルート以外の分岐が記載されていない’ 事が問題なのでは?
いやいや、そんな事も含めてもっと良く地図と標識を見るようにしよう

そんな訳で、約1時間のロスをしたけど元のコースに戻ってきました
気を取り直して ‘嵯峨山’ を目指します

H27.嵯峨山2-2

道を間違ったとはいえ、
おかげで見事な水仙の群生を見ることができました

さすがは水仙の有名な ‘鋸南町’
きっと ‘水仙ピーク’ と呼ばれる場所はもっと凄いんでしょう

H27.嵯峨山1-10

道を間違えた分岐点です
さっきは右側に進んでしまったけど、今度は左側にルートをとります

    右側ルートの様子はこちら 【 嵯峨山 その1 】

H27.嵯峨山2-1

緩やかな上り坂を歩くこと数分、
二股に分かれた分岐の先に ‘簡易トイレと車’ が見えてきました
簡易トイレがあるから、たぶんここが ‘下貫沢出合’ だと思います

地図には真っすぐの道しか記載されていないけど、
右側が広場(駐車可能) になっていて、登山者も数人いたので右に進みます

(注) ここは右側で正解でした

H27.嵯峨山2-2

広場では下山してきた年配の人達(20人位) が、おやつを分け合ってくつろいでいました
どうやらまだ下山していない仲間を待っているようです。

休憩中の人達の間を抜けて桜の並んだ道を歩いていきます

H27.嵯峨山2-3

山の入り口は ‘水仙ロード’ になっていました

H27.嵯峨山2-4

前方を 数人のパーティーがこちらに向かって下山してきます

H27.嵯峨山2-5

ちょうど ‘丸太橋’ をはさんで出合ったので道を譲ったら・・・
「すいませ~ん、あと40人位いますからちょっと時間が掛ります~」
「え!!

どうやら、このパーティーは大型バスでやってきた観光ツアーの人達らしく、
推定60代以上の男女数十人が参加しているようです
すきを見て橋を渡ろうにも、次から次へと下山者が下りてきて一向に先へ進めません

待つこと3、40分!
やっと 「私で最後です」 という方が通り過ぎて橋を渡ることができました

H27.嵯峨山2-6

山を登っていきますよ~

H27.嵯峨山2-7

H27.嵯峨山2-8

上り坂の右側は ‘段々の棚田’ になっていて、
水仙の咲いているところも少しあったけど、ほとんどは荒れた休耕田でした

H27.嵯峨山2-9

景色も無くなり完全に山の中です

ちなみに俺の装備は、
‘肩掛けのミニショルダーバック’ に ‘ジーンズ&スニーカー’
こんな所を歩くなんて思ってなかった

H27.嵯峨山2-10

途中に小さな ‘水仙の群生地’ がありました

H27.嵯峨山2-11

尾根に到着
ここからは尾根道を歩きます

H27.嵯峨山2-12

‘水仙ピーク’ と ‘嵯峨山’ の標識
しかし、標識の示す方向は・・・

H27.嵯峨山2-13

ロープを渡した急斜面・・・
まだ登るのか~

・・・今日は登るつもりで来てはいないのだよ

H27.嵯峨山2-14

やった~!
今度こそ尾根道だ~

H27.嵯峨山2-15

登山道の脇にまたまた小さな ‘水仙の群生地’ がありました

(注) 表示がないのでここが ‘水仙ピーク’ かどうかは分かりませんが、
    この先は下山するまで水仙はありませんでした。

H27.嵯峨山2-16

尾根を歩いていきます

H27.嵯峨山2-17

おっ!
足元がだんだん悪くなってきたぞ

H27.嵯峨山2-18

馬の背だ~

道が上下に波打ってるから、馬の背っていうより
‘龍の背中’ を歩いてるみたい

H27.嵯峨山2-19

おっと、今度は下るか!
けっこうアップダウンがあります

この辺りで若い女性2人組のパーティーと出会いました
千葉県の山でこれだけ沢山の登山者と会ったのは初めてです

H27.嵯峨山2-20

今度は登り~
何だか山頂みたいな景色です

H27.嵯峨山2-21

山頂でした・・・
‘嵯峨山 (315.49m)’ 登頂です

・・・って、水仙ピークはどうした?
・・・そういえば尾根の途中に小さな群生地があったけど、
あれが水仙ピークだったのかな

H27.嵯峨山2-22

山頂には小さな祠もありました。
山を守っている ‘山神様’ でしょう

H27.嵯峨山2-23

樹木の隙間からは連なる山脈と東京湾が見渡せました

H27.嵯峨山2-24

少し休憩をして下山を始めます

H27.嵯峨山2-25

マテバシイの林を過ぎたら次は杉林
下りの一本道をどんどん下りていきます

H27.嵯峨山2-26

登りの時とは違って無駄なアップダウンも無く、
本当に下り一本の道です

・・・こっち側から登ったほうが楽だったかも

H27.嵯峨山2-28

舗装道路が見えるところまで下山してきたので、
ここで遅めの昼食タイム

H27.嵯峨山2-50

途中のコンビニで見つけてつい買ってしまった ‘金棒パン’

H27.嵯峨山2-27

梅も立派に花を咲かせていました

H27.嵯峨山2-30

お弁当を食べ終わって出発です
ここからはきれいな道を歩きますよ~

今日は山道を歩くつもりじゃなかったんだよ~
(・・・しつこい

H27.嵯峨山2-31

山を下りたら水仙が咲き乱れていました

・・・一体何のために山に登ったんだ

H27.嵯峨山2-32

舗装道路を歩いていきます

H27.嵯峨山2-33

ここは ‘水仙’ と ‘蜜柑’ が見事です

H27.嵯峨山2-34

山間部の田舎道をゆっくり歩く
鳥の鳴き声しか聞こえない静かなところを歩くのは好き

H27.嵯峨山2-35

古い地滑り工事の跡がありました
竹で地滑りを防止しています

H27.嵯峨山2-36

こっちは半分だけコンクリートで覆って残りの半分はそのままです
まるで ‘キカイダー’ みたい
(この記事を見てる人はキカイダーを知ってるかな?)

H27.嵯峨山2-37

ここを登るの~?

このまま舗装道路を歩いていくと思っていたら、また山に入るようです・・・
ひょっとしてこの山を越えるのかな?

H27.嵯峨山2-38

H27.嵯峨山2-39

「この坂道を ‘七曲り’ と云います」
・・・あっそう!

サプライズの山越えでちょっとご機嫌斜め

H27.嵯峨山2-40

あれ?
この標識、登りの時にも見た

ここが ‘水仙ピーク登り口’ の分岐点だったんだ
(地図のグルッと周ってくる分岐地点)
やっと地図と実際の位置が一致した

H27.嵯峨山2-41

H27.嵯峨山2-42

水仙ピークの方には行かずに、ひたすら下山していきます

H27.嵯峨山2-43

登りの時は横目にチラッと見ただけの休耕田も
ゆっくり眺めたらこんなにきれいな景色

H27.嵯峨山2-44

行きに1時間近く待った ‘丸太橋’

H27.嵯峨山2-45

‘下貫沢出合’ に到着です

ここまでくればもう安心、
腰を下ろして休憩しましょう

H27.嵯峨山2-46

下貫沢出合から林道を20分程歩いて集落に入りました

H27.嵯峨山2-47

小保田バス停に到着しました

今回は予想に反して山登りをしてしまったけど、
肝心の ‘水仙ピーク’ は??? でした

‘嵯峨山’ 登山が目的なら良いのだけれど、
水仙を見るのなら麓を歩くだけで十分だと思います

(おまけ)
H27.嵯峨山2-48

何気なく覗いた ‘小保田バス停の待合所’ の壁に
手作りのルートが掲示されていました

今回歩いたコースは、
「分岐」「水仙ピーク」「嵯峨山」「釜ノ台農道」「個沢」「分岐」

お弁当を食べた後の道が 「釜ノ台農道」
コンクリートの土砂崩れ保護をしてあったところが 「個沢」 です


ランキング参加中です、気に入ってもらえたらポチっとお願いします。
  にほんブログ村 アウトドアブログへ  blogram投票ボタン
スポンサーサイト
テーマ: 山登り -  ジャンル: 趣味・実用
by ヒロsan  at 22:53 |  嵯峨山(水仙ピーク) |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

相変わらず楽しいトレッキングライフを満喫されてますねぇ。
俺も今年後数回は行きたいなぁ^^
by dari 2015/08/24 23:19  URL [ 編集 ]

dari さま

近場の低山を登っていますe-257
マイナーな山ばっかりなので、ちゃんとした地図もなく、
道に迷うこともしばしばです ^ ^;

dariさんのレポートも楽しみにしてますね~e-420
by ヒロsan 2015/08/28 00:27  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヒロsan

Author:ヒロsan
“青空を見上げて”へようこそ!

アウトドア大好きな俺と、
思いきり暴れん坊の子ども2人
家族そろって冒険中です!

黒ねこ時計くろック
最新記事
カテゴリ
過去ログ
FC2カウンター
ブックマーク
ブログランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

最新コメント
リンク
QRコード
QR
アルバム
おすすめサイト
レディース登山用品店
arucocoのブログ
くるみの殻を使った小物が満載
くるカラ.ネットのブログ
季節特集
人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。